ケールさんを超化させるために、ヒットさ

ケールさんを超化させるために、ヒットさんも何か悪口言ってくださいってキャベに頼まれて、超古いネタを言ってみたら誰にも通じなかったっていうヒット爺ちゃんのお話。